家庭用脱毛器とは?


2022.12.01

今回は今人気の家庭用脱毛器について、メリットやデメリットについて詳しくご紹介していきます。

メリット

1.安い
2.人に見られない

値段が安いので手が届きやすく、人に見られないので恥ずかしさがない為、試してみようかなと思われる方が多いようです。 

デメリット

1.手間
2.届かない箇所がある
3.うまく照射できていない可能性がある
4.光脱毛なので医療脱毛より効果が落ちる
5.火傷のリスクがある

1.照射の幅が小さいのでとても時間がかかり、手間に思われる方が多いようです。

2.背中や太ももなどの背面は届かない箇所があります。

3.届きにくい箇所はうまく照射できていないことが多いです。

4.家庭用脱毛器は光脱毛なので、抑毛や制毛と呼ばれており、一時的な毛の処理しかできません。医療脱毛だと毛根組織を破壊することができるので半永久的な効果がみられます。

5.火傷の原因1
自分で照射すると、肌の状態を確認せずに照射してしまう方が多いです。 ホクロやあざなどを見落としてしまい、火傷してしまうリスクがあります。

原因2
どこまで照射したかわからなくなり、同じ箇所を何度も照射してしまうといったケースや、一定の期間を空けずに照射してしまうとリスクが高まります。

原因3
照射レベルを調節できるものが多いですが、レベルが高いと効果があると思い、最初から一番高いレベルで照射してしまう方も多いのではないでしょうか。

自分で火傷した場合、夜間や休日だとすぐに病院に行けないということもありますよね。 医療脱毛だと医師・看護師が常駐しておりますので、万が一のことがあってもすぐに対応できます。

医療脱毛でお探しの方は是非JazzyClinicにお越しください。

新着記事